ありのままの、自分みせるのよ

CHAN-MO BLOG

生活の質

[お弁当男子必見]下り坂×爆走×衝撃_お弁当の中身を守ることはできるのか[結論:できます/※デメリットあり]

更新日:

はじめまして。

ちゃんもブログのちゃんもです。

よろしくお願いします。

では、始めます。

お弁当をバッグに入れ、下り坂を爆走すると・・・。

早速ですが、バッグにお弁当を入れて、下り坂をジョギング位のスピードで走った時、お弁当の中身はどうなると思いますか。

いまから、下り坂を爆走します。

そうです。中身が散乱します!!

あらら、お茄子が移動してますね。

ところが!

アルミホイル

を使うことで、なんとおぉーっお弁当の中身が全く散乱しなくなるのです!!

微動だにしてませんね。

思いついたきっかけは・・・。

まず、我が家の家族構成を説明します。

私、妻、長男(年少さん)、次男(乳児)の4人家族です。

まだ子供が小さいため、家事を妻と分担していています。

私の朝の役割を下に書きますね。

朝ご飯づくり

昼ご飯兼弁当作り

夜ご飯の食材カット

お風呂掃除  

等々です。

いつもこなすのに結構時間がかかっちゃうので、毎朝家を時間ギリギリで出ています。

しかも、駅までの道のりは、下り坂ですが距離としておおよそ1.5kmくらいあります。

私はいつも、自分で作ったお弁当をバッグに入れた状態で、15分くらいかけて走って通っているのです。

時速に換算すると約6㎞/hぐらいで走っていることになり、夏場は汗が結構出ます。

お昼にお弁当を見ると、やはりお弁当箱の中でおかずが散乱してました。

あらら、ナスが移動していますね。パート2

もし、魚とかが入っていたら、他のおかずに味とかが移り美味しさが半減しますね。

せっかく作ったお弁当男子の、幸せな昼のひと時が台無しです。

そこで、私が考えたのがこちらです。

アルミホイルの落し蓋を・・・。

イメージは落し蓋です。

そうです。

煮物を作る時のようにアルミホイルで落とし蓋にするんです。

アルミホイルを用意し、上から圧をかけつつ、包み込んであげることで、お弁当の中身は微動だにしませんでした。

微動だにしてませんね。パート2

今まで、10回ぐらい試しましたが問題ありませんでした。

続いて、応用編です。

応用編・・・。

大根スティックを載せてみた。

大根スティックを載せてみました。

他にも、サランラップに包んだマヨネーズや、ゆでたまご・フルーツ等載せてみてもいいじゃないでしょうか。

そのままアルミホイルをお皿代わりにもできますし。

まとめます・・・。

皆さんも一度や二度は、弁当の中身が散乱した経験があると思います。

とても簡単なので、一度試してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、妻にはアルミホイルがもったいないと言われました。

しかし、アルミホイルには断熱効果保温効果があるので、メリットのほうが大きいです。

写真のように底が深いタイプのお弁当箱には、特に効果的だと思います。

以上、ちゃんもでした。

最後まで、読んでいただきありがとうございました。

-生活の質

Copyright© CHAN-MO BLOG , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.