注目キーワード
  1. タマムシ

[標本×タマムシ]タマムシの標本を作ってみた※虫が苦手な方は見ない方が良いです。

  • 2021年9月20日
  • 2021年9月20日
  • 子育て
  • 34回
  • 0件

こんにちは。

前回のブログでタマムシを捕まえましたが、

家に着く頃には死んでしまったと書きました。

突然するぎ別れはあまりにも悲しいので、

タマムシとの出会いを忘れないために標本を作りました。

夏も終わりに近づき、カブトムシ・クワガタムシを飼っている家庭も多いと思います。

土に埋めてあげるのもいいと思いますが、

たまには標本にしてみるのもいいと思います。

ではご覧ください。

標本キットを購入する

まず私は、アマゾン標本キットを買いました。

これには、

・標本ケース(丸型)

・液体(腐らない為の薬品)

・ピンセット

・ネームシール

が付属してたと思います。

ただ、標本ケースが丸型の為、私のイメージとはあわなかったので、

こちらも買いました。

こちらも同じように標本が作れるキットです。

付属品は、

・標本ケース

・ピン(虫を固定する針)

のみだったと思います。

記憶がおぼろげですみません。

こちらは薬品は使わずピンで固定して飾るタイプでした。

この二つのキットを使い標本を作っていきます。

虫を綺麗に拭いてあげる

まず、綿棒やティッシュで少し水分を含ませ、

ホコリ等をきれいに拭いてあげます。

これができたら、同じくテイッシュ等で余計な水分を拭き取ります。

薬品を入れた袋に漬け込む

薬品が入った袋に虫をダイブさせます。

全身に薬品がいきわたるようにコロコロ回転させながら、馴染ませます。

虫をケースに設置する

割り箸で、虫を引き揚げケースのコルクの部分に設置します。

この時注意することがあります。

薬品は防腐剤の効果もありますが、接着剤の機能もある為、

ある程度この位置に設置するぞ!とか、

決めておいた方が良いです。

一度コルクに液体がつくと、コルクの部分にツヤができててしまう為、

何度もやりなおしていたら、テカテカになってカッコ悪いです。

できれば一発で設置することが望ましいです。

ピンやピンセットで見栄えを整える

カブトムシとか大型の虫だったら、

ピンセットやピン等で足の位置などを整えたらいいと思います。

タマムシは、小さな虫なので、足の位置を整えることができなくて、

最終的には足は体の下に隠してしまいました。

ネームプレートに名前と日にちを書く

コルクに虫が完璧にくっついたら、

最後の仕上げでネームプレートを貼ってあげましょう。

虫の名前と、標本にした日にちを書いてあげましょう。

まとめ

今回、初めてタマムシの標本を作成しました。

キットをAmazonで購入しましたが、

特に問題なかったと思います。

ただ、二つの標本キットを使いましたが、

標本ケースがイメージに合わなかっただけなので、

これに、

好みの標本ケースを別に買うだけでも良いかと思います。

やはり、思い入れの虫なので標本にしたことで、

部屋に飾ることもできますし、

一夏の思い出にもなりました。

ぜひ皆さんもやってみてはいかがでしょうか。